アートウエルド株式会社 人と環境とエンターテイメントのあいだに。

ホーム > ウエルダー加工

 

ウエルダー(高周波加工)とは

熱可塑性素材を高周波加工によって立体美術加工を施す加工のことです。電子レンジでも使用されている高周波は分子を振動させることによって塩化ビニール(当社の場合、環境に配慮したノンダイオ)を溶かして加工することができます。立体的に加工ができるのが特徴で当社が40年間培った技術です。


ノンダイオについて

私達は環境問題に強い関心を持ち続けております。環境ホルモンとダイオキシンの2つの問題を抱えている塩ビは、焼却炉の早急な整備が必要ですが、まだ10年はかかると言われています。

このような状況の中で、アートウエルドでは、塩化ビニールに変わる素材の開発をいち早く始め、非塩化ビニールでありながら、従来の塩化ビニールと遜色ないウエルダー加工が出来るようになりました。

従来、塩化ビニールに変わる素材は
[1] ポリウレタン
[2] オレフィン(ポリエチレン系・ポリプロピレン系)
等がありますが、どちらもプリント、加工性の問題がありました。アートウエルドのノンダイオは、[2]のオレフィンですが、プリントや加工性に優れています。



※写真は横幅約3cmを接写しています。

 

プリントについて
プリント適正の良いオレフィンを開発しました。従来のコロナ放電処理よりも優れた表面処理加工で、ほぼ半永久的に接着の強いプリントが可能となりました。シルク印刷はもちろん、オフセット印刷やグラビア印刷が可能です。

当社のシルク印刷技術
CMYK(4色)で写真分解印刷、従来のオフセットに対して遜色のない印刷が可能になりました。小ロットでも対応でき、その場合でもオフセット印刷より割安になります。

対応素材
塩ビ、オレフィン、ポリウレタン、レザー(表面がフラットなもの)

ご利用例

凹凸ワッペン(アートウエルド基本パテント)
中のスポンジもポリエチレン系オレフィンスポンジを使用して、従来の塩ビワッペンと変わらないボリューム感が出ています。フエルト・スエード(生地)にも加工出来ます。
ステッカー、キーホルダー、マグネット
各種安全ピン付きワッペンが加工出来ます。オレフィンでは、難しいとされているクリップピンのボンド付けも可能です。
安全ピン付きワッペン
糊付きオレフィン加工ができ、従来のソフトスポンジタイプのステッカーが出来上がっています。このステッカーを使い、プラスチック成型品と組み合わせ、キーホルダーに出来ます。また、中にマグネットを入れて加工が出来ます。その他にテーマパークのチケットホルダーに採用されています。
ウエルダーアップリケ
Tシャツ、ペナント等の生地にオレフィンをアップリケ加工出来ます。Tシャツはシルク印刷でもオフセット印刷でも可能ですので、各種キャラクター表現、POPにも使用出来ます。
コインパース、ペンケース等の雑貨品
オレフィンスポンジに生地(ポリエステル)を貼り付けて、従来の塩ビレザーと遜色無い生地が出来ています。
プリントは勿論、ウエルダーの凹凸加工の表現が出来ます。湿式合皮よりも格安です。
各種天チャックケース、手帳カバー等
ケース、カバー類も加工出来ます。
その他プリント、ウエルダー適正に優れているので、従来塩ビでウエルダー加工していた物のほとんどの物が出来ます。

お問い合わせお見積もりはこちらよりお願い致します。






(C) Artweld Co., Ltd.